【 新型コロナウイルス 】【 非常事態宣言 】でのビジネスパーソンの過ごし方

営業

【 結論 】アフターコロナに備え、今できる事をする!

皆さん、こんにちは。

久しぶりの投稿です。コロナで世の中が停滞ムードでこの先どうなってゆくんだろうとネガティブな話題が多いですが、そんな時でもいつかはコロナは終息しアフターコロナの生活がやってきます。

YouTubeなどでイケハヤさんなども、今回の状況はリーマンショックの時以上に深刻でコロナが去ったあとの経済はすぐには元に戻らないという事をいっておりその様な意見が多数聞かれます。実際、テレビで飲食店の経営難などのニュースを聞き、街の人が目に見えて少なくなっている状況で私自身その様に実感しています。

その様な、状況で今何をすべきか私なりに考えてみました。

    1. 自身の感染予防を徹底する→手洗い・うがい・マスク・3密を避ける!
    2. 万が一自分が感染している事を想定し、人にうつさない対策をする→1と同様
    3. 人に会わずどうすれば、従来の仕事が出来るか考える
    4. 3で考えたやり方を実行する



当たり前ですが、コロナ自体への対策が最重要項目です。まず、感染しないさせない事がで自身と周囲の人大切な人を守りましょう。

アフターコロナでは、能力のある人が求められる

アフターコロナでは、残った会社は体力を回復させるためにすこしでも利益を以前の水準に戻すためにより能力のある人材を求めるようになると思います。

しかしながら高額な募集費をかけ外部のいい人材を新たに登用できる企業は風潮的に少なく自社の人材で復活を図かろうとする企業が多くなるでしょう。

その時に自分に何ができるか、すでに照準を合わせ学びを始め始めている人がたくさんいます。

いまはYouTubeなどインプットできる媒体がたくさんあります。

営業職の方は今のうちにいろんな方の営業ノウハウを吸収し、実践の場は少ないでしょうが自分の型を設計するなど準備できます。

また、各企業が今のコロナの影響で色々なことで支障をきたしている状況もあります。今は営業をするという事にはばかられる雰囲気がありますが困っていることに手を差し伸べる事が出来るとお客様は本当に喜んでくれます。社会貢献にもなります。

営業マンとして今の状況で、自身の事より純粋に「役に立つ」という事を意識してお伝えすればたとえ何も役に立つことが無くとも気持ちは伝わります。

アフターコロナでそのつながりがきっと活きてくると思います。

テレワークも浸透し、今後も経費削減の策として継続する企業も増えるのではないでしょうか。そうなると、やはり能力重視の企業がふえるでしょうね。

【 関連記事 】⇒⇒【 習得必須 】コロナショック下でのリモートワーク営業のやり方

それでは、久しぶりの投稿で短い記事ですがみなさん感染防止をしっかりしてコロナに負けないよう頑張りましょう!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました